【ノック式油性マーカー】キャップがないって楽ですね

ZEBRAの油性マーカー

紙・布・木・ダンボール・ガラス・プラスチック・金属・ビニール類に書ける油性マーカー。

速乾性と耐水性に優れているので、一本は常備しておきたい文房具です。

今までキャップつきの油性マーカーを使っていましたが、セリアでノック式のペンを見つけたので買ってみました。(こういったペン類は100均よりホームセンターの方が安く売っていることが多いです。今回はホームセンターに行く機会がなかったので、100均で購入しました)

「片手で すぐ使える ノック式」

と書かれている通り、キャップがないとスムーズに使えるので楽です。

「極細」「細」と両先にペンが付いているキャップ式と違って、ノック式はペンの太さが「細」の1種類のみです。

ですが、いまのところ不便はありません。

油性ペンにある独特な匂いですが、鼻先まで近づけて嗅がない限り気になりませんでした。(嗅ぐことはオススメしません)

スポンサーリンク

並べてみました

キャップ式のと並べてみました。サイズはほぼ一緒です。

ノック式なのでキャップをなくす心配もなく、胸ポケットに指しておけばサッと取り出し、ノックすれば書き物ができるので、ほんの少しですが作業効率もあがると思います。

キャップがなくてペン先が乾燥しないのかなとペン先を覗いてみると、ノックと連動して内部にある白い蓋が開閉するようになっていました。それによりペン先が外気に触れることを防いでいるんですね。

こんなことに使っています

DMや郵便物、宅配の箱に貼ってある宛名。つまり自分の住所と名前ですね。

それらを処理するときに、そのまま捨てるのではなく、油性マーカーで文字を塗りつぶしてからシュレッダーにかけています。

使っているシュレッダーはクロスカットのような細かく切り刻めるものではないので、念のため文字を読めなくしておくと安心です。

あとは黒がメインの家具など色がはげてしまったところに、ちょいちょいと油性ペンで塗ったりもします。(実際に使ってみる場合は、目立たないところで試してからにしましょう)

スポンサーリンク