聞いてはいたけれど実際にメルカリをやってみたら驚くほど簡単だった

なにかと話題のメルカリ

多くの人が使うからにはなにかしら理由があるのだろうなと思いながらも、「お値下げ文化」とか「専用ページ?」があるとかで、面倒そうだと敬遠していました。

知人から「簡単だよ」と聞いてはいたものの「ふーん。そんなものかねぇ」と実践にはいたらず。

不要なモノはあらかた処分してしまったので売るモノがないという理由もありました。

 

とはいえ、やはり気になる…。

とりあえずアプリだけでも入れてみることに。

 

そのまま放置すること数週間。

 

そういえば「あれ」あるかな?と、以前ヤフオクで購入したあるモノを思い出し、メルカリで検索したところ数点出品されていました。

 

うーん、どうしようか。

 

この出品価格で購入できれば明らかにお得。

けれど、システムが良くわからない。

先にこういった本を購入して読むべきか? ↓

でもモタモタしているうちに売り切れてしまうかも…。

ええい、習うより慣れろだ! とネットでちゃちゃっと調べ見様見真似でやってみたら…、

 

購入できちゃいました(´▽`*)

いやー、本当に簡単だった!

 

ヤフオクに比べたら「え?これでいいの?」と唖然とするぐらいシンプル。

ヤフオクだと出品者と購入者とのやりとりに「いまのタイミングはどちらからコメント入れるのが正解なのだろう」とか、いまひとつ分かりづらくて。次第に使う機会が減りました。

あとヤフオクはオークションなので、落札するまで金額が定まらないのも難点でした。

スポンサーリンク

やってみてよかった

なんでもそうですが、実践に勝る教科書はないですね。(場合によっては理解が先のこともありますが)

「初心者で不慣れだから失礼があったらどうしよう」とか「失敗するくらいなら挑まない方が楽」とか、いろいろとゴチャゴチャ考えてましたが、使ってみたらなんてことありませんでした。

そもそも、これだけ普及しているツールなので利便性が高いのは当然かもしれませんね。

当分は購入するのみの利用ですが、売る側の気持ちを知りたいのでそのうち出品もしてみたいと思います。

ちなみに「お値下げ」は依頼せず、そのまま購入しました。お値下げもメルカリの文化や醍醐味なのかしら?と思いましたが、なんとなく抵抗が…。

もっと高額商品になると違ってくるんですかね。その辺の感覚はこの先利用することで変わってくるのかな。

以上、いまさらながらメルカリのお話でした。

スポンサーリンク