【市販ですが】このドレッシングが美味しかったので紹介します

戸村の手作りドレッシング甘口

偶然手にしたこのドレッシング。

どんなものかとサラダにかけて食べてみたところ

!!!!!

わわっ! これはあたりのやつじゃないかぁ~。

地味な見た目なのに、あなどれません。

「甘口」とあるとおり、なかなかの甘さですがしつこい甘さではありません。

このドレッシングを作っている会社は宮崎県にある戸村フーズさん。

甘口の醤油をベースにたっぷりのリンゴ酢を使い、フルーティーに仕上げたとむらオリジナルの大人気ドレッシングです。すりおろした玉ネギがアクセントになって、生野菜にとてもよく合います。味が濃厚なので、サラダだけでなく鮮魚のカルパッチョなどにかけても美味しく召し上がれます。

戸村フーズHPより引用

 

なるほど、カルパッチョにも合うんですね。今度やってみよう。

気になる原材料、カロリー等はこちら↓

 

液体が二層に分離してますので、食べる前は念入りにシャカシャカと振りましょう。

ちなみにお店に陳列されているのは写真左の「振る前」の状態ですので、写真右のような乳白色で探さないようにお気を付けください。

スポンサーリンク

色はこんな感じですよ

上に振った後の写真を載せたのでそれで充分かもしれませんが念のため。

色がわかりやすいように白いお皿に注ぎました。トクトク。

 

こんな色合いとなっております。

潔いデザイン

先にも述べたとおり、このドレッシングのラベルデザイン。

すごーくシンプルで地味。

というのが第一印象。

その分期待値が低かったせいか、口にしたときの感激度が高かったです。思わぬギャップ効果。

けなしているかのようなデザイン評ですがね、食卓に置いて目にする機会が増えてくるうちに

 

だんだんと

だんだんと

だんだんと

あれ? このデザインかっこ良くない?

 

赤と黄緑とゴールドの配色とか昭和を彷彿とさせる書体とか。

今となっては、このドレッシングにはこのデザインこそベストでしょ!と思えるように。

「こちとら味で勝負じゃい」と主張しているかのような潔さを感じるようになってきました。

「このデザインは当社の登録商標です。」とバッチリ明記されているのを発見。

自信のデザインなのが伺えます。類似品への対策を兼ねてでしょうかね。

焼肉のたれも気になる

戸村フーズは焼肉のたれからはじまった会社のようですね。

 

宮崎県で「焼肉のタレといえばとむら!」と言われるほどメジャーなタレ。
宮崎県での売り上げシェアはなんと53、8%(2010年東京商工リサーチ調べ)
1本1本手造りにこだわり、人の手によって釜でじっくりと炊き上げられたこのタレは大量生産することができません。
新鮮なリンゴとバナナをたっぷり使った濃厚でフルーティーなその味は、焼肉だけでなく色々ななお料理にお使いいただけます。万能調味料として冷蔵庫の中に必ず1本、常備しておきたくなるタレです。
焼きそばはもちろん、カレーやチャーハンの隠し味に。肉や魚の漬けダレにして竜田揚げにしても美味しく召し上がれます。

戸村フーズHPより引用

宮崎県のシェアが50%越!? す、すごい。

リンゴが入っているのはよくありますが、バナナも入ってるなんて興味深い。

当ブログをご覧の方の中に宮崎県在住の方がいらっしゃるかはわかりませんが、焼肉といえば戸村フーズ! でしょうか?

スポンサーリンク

みなさんも是非

ドレッシングって1本買うと、使い切るまでにそこそこの日数を要するので冒険しにくいんですよね。

以前、ネットレビューで高評価なものを購入してみましたが、「うーん。自分には合わない味だな」ということがありまして、つくづく味覚とは人それぞれなんだなと。

なのでこのドレッシングが100%口に合うとは言い切れませんが

「新しいドレッシングを開拓したい」という甘口をお探しの方、是非おススメいたします。

私は次はピリ辛ドレッシングを買う予定です。あ、焼肉のたれも!

スーパーに置いてあるとよいけれど。

スポンサーリンク