【予定の詰め込み】メイン行事がおろそかに【やめました】

「せっかくここまで来たから」のワナ

どこかに出かける用事があると、ついメインの用事のほかに付け足しをしてしまいます。

せっかく時間と交通費をかけて、〇〇まで行いくのならば用事がひとつだけなんてもったいない! たまの遠出なのだからと、その近くのイベントを調べてしまいます。

イベントといってもワイワイ騒ぐものではなく、映画や美術館といった静かなものですが。

すべてのスケジュールをつつがなく終えられれば良いのですが、最近支障が出てきました。

付け足した予定に気力体力を消耗してしまい、その日のメイン行事がおろそかになってしまうことが何度か続いてしまいました。

スポンサーリンク

ズバリの指摘

終盤、あきらかに体調不良に。その結果、我慢したり、ときには薬を飲んだりして行事をなんとか終えるのですが、

『付け足した行事のせいで体調を崩し、食事会を楽しめないのって、それって本末転倒なのでは?』

と指摘を受け、

確かにそうだよなぁ、と改めることにしました。

どうやら自分の体力を過信していたようです。

もともとフットワークが軽いほうではありませんが、ブログも始めたことだし「いろんな所へ行くぞー」という意気込みもあったんですよね。

出歩くうちに、耐性がつくとも思っていたのですが、いまのところタイトなスケジュールは厳しいと判断しました。

付け足すのはひとつかゼロに

付け足すとしたら、何かひとつに絞ろうと思います。

いままではスケジュール的に可能なら映画を2本観たりもしていましたが、映画って席に座っているだけなので楽なように思えますが、実際はなかなか神経と体力を消耗しています。

映画への集中力だったり、感情が揺さぶられたりと脳は休まることなく活動しているので、リラックスできてるわけではないんですよね。

美術館にしても、はじめて訪れる場所はルートや時間配分など、そこにも神経を使います。基本的に歩き回るので、ここでも体力を使います。

スポンサーリンク

シンプルに行こう

無理をして体調不良になるより、自分の体力を見極め予防することが大事だとわかりました。

複数行事をこなすと達成感こそあるものの、ひとつひとつの印象がボヤけてしまいます。それぞれの余韻が消えてしまうというか。

それがわかっていても、「せっかくなら症候群」のクセって抜けないんですよね。

「ついで」だからこそできるというか。わざわざそれ単体の用事のためには出かけたくないので、抱き合わせにしてしまった方が楽な一面もあったんです。

しかし度重なる体調不良に「さすがにどうにかせねば」と出た結論は

無茶しない

でした。

これからは余裕のあるスケジュールでいこうと思います。

メインの行事の相手にも失礼になってしまいますからね。ここはホント反省です。

身体も鍛えていかねばと、そこも反省しました。

TANITAの体組成計にのって現実を知る このままではマズイ

スポンサーリンク