「大げさに考えない」で気持ちを楽にしよう

どうやら自分は考えて過ぎてしまうクセがあるようです。

そして考え過ぎに疲れた結果、「なにもしない」という選択肢に落ち着くことも多々。

けれど心のうちは「本当にこのままでいいのか」と、その声を無視し続けるのもそれはそれでストレスで。

「なにもしない」ということは「他者との摩擦も生じない」わけで、マイナスな気持ちを負うこともないかわりにプラスの気持ちを感じることもありません。

行動することが必ずしも喜怒哀楽と結びつくとは限りませんが、なにもしないよりは変化があるし、それによって「その先」へ思考が伸びていくのではないかなと期待できる面もあります。

今いる場所では見えてこなかったものが見えてくるかもしれないし、やっぱりこれは合わなかったなといったことも行動してみてわかることもあります。

 

考えた時間や悩みぬいた時間に比例して物事がうまくいくとは限らず、だったらそのモヤモヤしている時間がモッタイナイなと思うし、なにより考えれば考えるほど不安が増幅してしまうこともあります。

 

というわけで、

おおげさに考えない

ことも大事だよなぁと。

 

生きていくうえで、考え抜いて答えを出さねばならないこともあるでしょう。

しかしよっぽどのことでなければ、深く考え過ぎず、必要以上に思い悩まず動けたらよいなと思っています。

 

と、それが難しいからこうしてブログに書くことで、自分で自分の背中を押しているんですけどね。

 

最後にもう一度。

 

おおげさに考えない(´▽`*)

 

以上でした!

 

 

 

スポンサーリンク