【資格試験】勉強時間が短いからエライわけじゃない 愚直に続けるしかないのだ

ネットの言葉に振り回されちゃダメ

参考にするのはホドホドに

資格の勉強を始めるとついついネットでリサーチをしてしまいます。

すると必ず出てくる話題が、合格をするために費やした勉強時間。

「3日勉強しただけで受かった」

「せいぜい2週間でしょ?」

「こんな試験に1か月も勉強するやついるの?」

まー、さまざまな言葉が飛び交っています。

スポンサーリンク

いやいやいや

吸収力の高い年齢や、他の勉強分野と範囲がかぶっていたとか、はたまた一度読んだだけ見ただけで、理解し記憶できる能力がそなわっているかでない限り、信じられない話です。

事実だとしたら、みんなスゴイ。素直に感心しちゃいます。

まどわされないように

強気な意見を読んでいると、自分も短時間の勉強でクリアできるのでは? という気持ちになってしまう危険性があります。な方に人間ながされやすいのです。

ネットに飛び交う言葉は油断させる罠であるぐらいに思っていたほうが良いです。

資格によっては他の受験生はライバルですからね。

とにかく油断しないこと。なめたら落ちます

ある資格試験。

受験申し込みをしたものの一向に勉強する気持ちになりません。試験日まで1ケ月を切り、これはいかんと参考書に手を伸ばしました。

過去問を繰り返すこと数回。答えを覚えてしまったこともあり(これは駄目なパターンですね)、そこそこの正解を得られるようになりました。

これで合格したら「1ケ月の勉強でとれちゃったよ、この資格」と言えることを密かに楽しみにしていました。

しかし、結果は数点及ばず不合格。書籍に使ったお金と受験料や交通費。そして時間が無駄になりました。

得られた知識があるので正確には無駄ではないのですが、資格取得が目的ならば1回目の試験でとるのがベストです。

準備不足でもたまたま合格できる人もいます。ですが、1点足りないだけで泣くのが試験です。

参考書を隅から隅まで理解する必要はありませんが、「やればいいとわかっているんだけど…」という部分があったら、時間をおくことで理解できる場合もあるので、簡単に「ここは捨てよう」としないことです。

(その後、その資格は1度目の教訓を生かし、再トライして合格しました。)


結局はコツコツと繰り返えして知識を定着させるしかない

勉強に最短はないのでしょう。

効率の良し悪しや理解度の差はあると思いますが、ひたすらコツコツと問題を解き、繰り返すことで知識を定着させるしかありません。

一度理解できたことでもちょっと時間がたつと忘れますし、むしろ忘れて当然と思って勉強した方が気持ちが楽です。

試験勉強は受かってなんぼ 勉強時間が少ないから偉いわけではない

「全然勉強してなくって~」と言いながら、良い点数を取っているクラスメイト、いませんでしたか?

社会人も例外ではなく、結構みなさん表面では涼しげな顔をしながらも水面下では足をバタつかせています。

陰では努力してるんです。見せませんけど。

資格試験は、勉強時間が多かろうと少なかろうと合格すればいいのです。

効率を求め山を張るのもひとつの方法ですが、万全な状態で挑みたいものです。あ、でも満点狙いとかは目指しちゃダメですよ。それは無理というより無駄ですから。

まとめ

・ネット情報を鵜呑みにしない

・みな、陰では頑張っている

・忘れるのは当たり前。知識は地道に定着させていく

・100%は目指さない。けれど、やれるだけやる

 

スポンサーリンク