【ひとりドタキャン】一週間前から計画していたけど、結局出かけなかった

予感はしてたんですよね

ひとりドタキャン発動です。

やってしまいましたよ。

計画はね、完璧に立てていたんです。1週間も前から誤印刷した用紙の裏に分刻みのスケジュールを書いていました。

あとはその日が来るのを待つだけです。で、今日がその日だったんですけどね。

今現在は朝の9時です。まだまだ一日は始まったばかり。これからでも出かければいいじゃん!

と、お思いになられてもおかしくはありません。

でもですね。今日のスケジュールは8時に家を出ないと成立しない内容でした。

それが崩れた今

もう、いいやヽ(^o^)丿

ってなってしまいました。

スポンサーリンク

売るほどあるいいわけの山

どうしても出かけなければならない用事ではなかった

そもそも出鼻をくじかれたからといって、その後の予定を放棄するなど、仕事だったらダメでしょう。

しかし本日はプライベートな時間です。よって縛りなんてなく、自分の気持ちひとつでいかようにも選択できてしまうのです。

そして出鼻をくじかれたわけではなく、それも自分で選択した行動なんですよね。

誰かと会うのではなく一人で完結する用事だった

これも大きいです。

誰かと会うときはまた違ってきます。相手があることなのはもちろん、観劇等の場合はチケット代を払っていることもあり、「行かねばならない」理由があります。

誰かと会う約束だとしても直前に気が重くなることがあるのに、ましてや自分ひとりの要件だったら…、容易に取りやめることができちゃいます。

でも、人との約束は行ってしまえば、すこぶる楽しい時間になるんですけどね。

数日先の別件の用事と抱き合わせしゃちゃえば? と思い始める

出かけなくて良い理由(いいわけ)は雪だるま式に増えていきます。

無理に今日行かなくても、数日先の用事のときに一緒に済ませればいいんじゃない?

これって一見、合理的にみえます。

出かけるとなると身支度が必要になりますし、化粧も面倒です。移動時間もかかりますし、リスクがゼロとは言い切れません。

それでも、一日に用事をぎゅうぎゅうと詰め込むよりは、毎日少しずつ消化した方がバランスがとれるので、本当はそうできればベストなんですけどね。

自動車教習所でいうと、合宿して一気に教習を受けるより、チマチマと教習所に通った方が身に付く感じがあるのと一緒で。(合宿免許を否定しているわけではありません。一気に習得するメリットもあると思いますが私だとキャパオーバーなんです)

スポンサーリンク

華麗なる自己防衛&自己肯定

そういえば、ちょっと体調がよくなかった気がする。くしゃみも出るし花粉症なのかも。なんか心なしかダルイし・・・、

出かけなくて正解だった!

という着地点にたどり着くのです。家にいれば出費もありませんからね。

で、今

このブログを書いています。

予定を遂行できなかったことで、「あーあ、こんな自分はダメだ! 」という思いと、予定がなくなりどこか安堵している自分がいます。

ひとりドタキャンは一度や二度ではないので、もはや「計画立てる → 実行されない → 自己嫌悪」までがワンセットのプレイになっていってる疑惑を自分に抱いています。そもそも【ひとりドタキャン】なんてネーミングがあるのかすら謎です。

タイトルが「ひとりドタキャン」なので、約束していた誰かひとりのドタキャンで、出かける用事がなくなった話かと思った。と解釈した方がいたら誤解させてすみません。

便利なエリアに住んでいる人ほどフットワークが軽いのか、出不精がいない国もあるのか知りたいものです。

本日は天気も良いことですし、洗濯でもしますかね。

それでは出不精なあなたも、活発なあなたも、仕事だよ! ってあなたも、良い週末をお過ごしくださいませ。

スポンサーリンク