シンプルライフ以降、プレゼントをいただいた時に思ったこと

先日プレゼントをいただきました

梱包紙を開けて出てきたのは、普段の自分なら身に着けないデザインのモノ。

そっこう脳裏によぎる「あー、困っちゃったかも」という感想。

果てしてこれをどうするか…。

そう思いながらもとりあえず身に着けてみると、

おや? 悪くはないではないか。こういう感じのものも有りかもしれない。

と思った自分がいました。

そこで気が付いたのは、自分の好みだけで選んだ世界は案外せまいということ。

自分が好きなものが似合うとは限らず、他者が選んでくれたものこそ客観的な目線でみている分、より自分に似合っているという可能性もあります。

なにより、私のことを考えながら選んでくれたと思うとそれだけでありがたいことなんですよね。

スポンサーリンク

逆の立場だったとき

以前、ある方にお世話になったお礼としてプレゼントをお渡ししたときのはなし。

相手の好きそうな色や素材やデザインを考えながら「こういったモノがあればちょっと楽しく過ごせるのではないか」「おそらくご自身では手に取らないモノであろうから、プレゼントとして渡せればなによりではないか」と、いろいろと想像しながらデパート巡りをしてやっと決めたものでした。

良いものが探せてよかったと思っていたのですが、のちにそのプレゼントは娘さんにあげたということを知り、すこーし複雑な心境になってしまいました。

「娘が気に入って使っている」という事実を良かれと思って伝えてくれたのかもしれませんが、

本人に使ってほしかったな

というのが本音で。

 

・プレゼントは渡す人間の自己満足
・渡したあとは、受け取った人がどのように使おうが自由

といった理屈はわかっていますし、自分に必要のないものは周りの人間にまわすといったことは一般的に決して珍しいことではなく、よくあることだと思います。

マッチしないものを選んでしまった結果なので仕方ありません。

嘘でもいいから「私が使ってるよ」「気に入ってるよ」と言ってくれればよかったのかというと、それもまたどうなの? と正解はわかりませんし、こうつらつらと書いているとたかがプレゼントひとつに「重いっ」って思われそうな内容ですね。

スポンサーリンク

気持ちの余裕は残しておきたい

私も人のことを非難できる立場ではなく、ミニマリストだシンプルライフだ断捨離だと没頭していたころでしたら、迷うことなく「もっと似合う方に」「必要としてくれてる人に」と、いただいたプレゼントを譲っていたかもしれません。

「いらないモノは悪」とまでは言いませんが、知らずに「物は増やしてはならない」といった思考が強迫観念となっていたようにも思います。

けれど最近の変化として、いらないものに過敏になりすぎるよりは「ちょっと取り入れてみるか」と受け入れるぐらいの余裕があってもよいかもなと。

私はシンプルライフを経て、所持品を減らしたのでスペース的に余裕があることと、贈り物自体滅多にいただく機会がないのでこういった考えができるのかもしれません。

日ごろたくさんプレゼントをいただく方や物が捨てられなくて困っている方には当てはまらないと思うので、万人に通じる考え方ではないと思いますが、キッチリカッチリするより、しばらくホワホワと過ごしてみようと思います。

ちょっとくらい雑多な部屋のほうが落ち着くようになってきました

まとめ

プレゼントって贈るほうも受け取る側も

むずかしーっ。

はなしの軸もホワホワしてしまったところで終了です。ではまた!

スポンサーリンク