【お金】節約より上昇志向より「身の丈」が一番? それとも

ブログを書くようになって、あらためて気づく

ブログを書き始めてまだ二ヶ月ちょっと。そんな短い期間でも、文章の癖というか、おおかたの記事で触れているワードがあることに気がつきます。

それは「値段」について。

モノを買ったり、どこかに行くと必ずかかるのがお金です。避けては通れない要素なので、触れることについては特段おかしくはないと思います。

ただ、人によって消費の基準はバラバラなんだろうなぁと。

スポンサーリンク

お金のあるひとの感覚とは

資産家や高収入だったとしたら、毎回毎回値段のことに触れたりしないのではなかろうか?

本当のお金持ちは質素だし無駄遣いをしないからお金が貯まるのだ、という理屈は置いておいて。

持っている人は高価な買い物をしても、ひけらかさない気もします。そういった方々と縁がないので、本当のところはわかりませんし、資産のレベルによっても違うと思いますが。

使っても心がザワツカナイ金額がよい

芸人さんのなかには「あえて高い家賃の部屋を借りることによって、もっと売れてやるというモチベーションを保つのだ」という人もいます。

一般の人でも、ワンランク上のエリアに住むと見える景色が変わるのでそうしていますという話も聞きます。現状が整ってからステップアップするのではなく、先に環境に飛び込んで、そこから自分を引き上げる的な。

そういった上昇志向や、背伸びをしたお金の使い方もありだと思います。

つい「固定費をうかつに上げるものではない」「まずは種となる銭を増やしてだね」と思ってしまいますが、時間も立派な財産なので、その時を好きな環境で過ごすのも有意義なことなんですよね。

けれど、今の自分にはプレッシャー(負荷)をかけた生活より、心がザワつかずにいられる消費が身の丈にあっていてよいのだと思っています。

普通に稼いでいれば問題ない話だけれど

充分な収入があれば、サクサクと買い物できるのでしょう。

きっと私の状況がそうでないから、余計なことをゴチャゴチャと考えてしまうのかなと。

仮にすんごくお金が入ったとしたら、ザブザブと湯水のように使い、車が買えるような価格のソファを買い求めたり、数十万するアンティーク家具を部屋に置いたりするのかな。

そうなってみないとわからないですね。

でも今の状況を悲観しているのではなく、節約も含め、お手頃価格で満足できることに楽しさも感じています。これホント。

ある深夜番組を思い出す

汗水たらしてこそ?

かなり昔の話なので正確には覚えてないのですが、「百万円男」(このようなネーミングでした)という深夜番組で、いきなり一般人に「百万円差し上げます。ただし24時間以内に使うこと」と条件を提示し、それをどう消費するかをカメラで追った番組がありました。

ある放送回では、もらったお金で若者がサーフボードを購入していました。

けれど、購入後の若者は喜ぶどころか微妙な表情です。

「働いてコツコツ貯めて、そのお金で買いたかった」と。

きっとそのボードを買うのに彼なりのストーリーが欲しかったのだと思います。その方がボードに対する愛情も持てるでしょうし。

汗水たらしてお金は稼がねばならん信仰、乙

と、切り捨てられないものを感じました。

今考えると、どうやってターゲットを選ぶのか不思議な点がなくもないし、「お金は自分で稼いでこそ」という着地点ありきの企画だった可能性もあります。すべての放送回を見てないので、なかには「ひゃっほぅ! ラッキー! ごちです! 」といった人の回もあったのかもしれませんが。

国によって違う

これまたうろ覚えで恐縮なのですが、なにかのバラエティ番組で「世界各国で道行く人に現金を渡したらどういう反応をするか」というのを放送していました。

先進国のひとでも「ありがと! 」とスムーズに受け取っていたのが驚きかつ新鮮でした。

お金に対する価値観や感覚って国によっても違うんですよね。

日本だったら
・ただで現金をもらうなんて怖い
・なにか裏があるのでは?
・そもそも、あぶく銭なんて…
と思ってしまう人が大半なのでは? 私だったら受け取れないだろうな。

スポンサーリンク

本当に望んでいることとはなんだろう

家に置くものは「ペットを飼っているから汚れてしまう。だから安価なものの方が気楽だ」という理由もあるにはあります。でも、それを隠れ蓑にしているのかもしれません。

今は「これでいいのだ」「このぐらいが身の丈なのだ」と思っているけれど、どこまでが本心なのか自分でもわかりません。

望むことからはじまるのだとしたら、もっと頑張らねば! ですね。

欲しいものを思い浮かべ、それをモチベーションにしよう! 欲しいモノ、欲しいモノ、欲しいモノ…。

メルセデス? うーむ。車検代だけで中古車が買えちゃうんじゃない? 却下。
ブランドのドレス? 着てみたい! けど着ていくところがない( ;∀;) 却下。
それに1着のドレスより、その分100冊の本が買いたい。

いや、どれかを選び、どれかを諦めるのではなく、欲しいモノあったら全部手に入れればいいんじゃないの?

欲しいモノを今後のモチベーションにしよう

現実的には、これとか

これ

が、いまのところ欲しいモノです。

このぐらいすぐに買いなはれ! って声も聞こえてきそうですね。

今回の記事は「寄付」とか「自分以外の誰かのために」といった内容は皆無です。自分の物欲だけに焦点を当てました。

さー、頑張っていきまっしょい!

スポンサーリンク