【退店時の静かなる勝負】いつまで見送り どこまで見送られるか

先日、あるお店に行ったときのことです。

用事を終え帰ろうとすると、お店の方が外まで見送りに出てくれました。

いやいや、そんな申し訳ない! 店内でサヨナラでよいですよ~、と思いながらもそこでモタモタするのもスマートじゃないよなと「お邪魔しました」的ニュアンスを言いつつ振り向きざまに軽く会釈をして、歩き始めました。

 

一歩二歩三歩四歩、五歩。

ちょ、ちょっと振り返るかな。

チラっ。

 

いた!

すかさず口角を上げ、3割増しの笑顔でペコリと頭を下げる私。

向こうもペコリ。

ひゃー、危なかった。振り向いてよかった。さ、帰ろう。

スポンサーリンク

 

てくてくてく。

てくてくてく。

てくて・・・、もうすぐ角だ。

 

そのとき、ぼんわわわわ~んと、

【こんなお客に心打たれる。長年旅館を営む女将の一言メモ】

「お客様をお見送りしたときに、何度かお客様が振り向いてくださると大変嬉しゅうございます」

過去に読んだ雑誌の記事がぼんやりと頭に蘇ってきました。

 

嬉しゅうございます
嬉しゅうございます
嬉しゅうございます

 

リフレインする女将の言葉。

 

ハッ!! こ、これもそうなのか!? でもそんな大金を使ったわけでもないし、まさかねぇ。

で、でも… ンギギギギギっと首を回転させました。

 

ふ、振り向くぞい!

 

 

い、いた!!!!

こちらを確認して、お辞儀してるぅ!

その距離、30mはあろうか。

すでに、互いに消しゴムサイズだ。

” なぜなの? 瞳に映るあのひとは小さくなるのに、存在感は膨れ上がる ”

なんてポエムってる場合ではない。

ならば、こちらも大きな動きをするしかあるまい。

フレミングの法則の中指よろしく腰をおり(90°)、どうもどうもとジェスチャーしつつ、ひょこひょこ見切れていく私。(優雅にかしこまったお辞儀をすればもっと良かったのでしょうが、場数が足りませんでした)

 

門を曲がり切った!

これであやつの視界から消えたぞい。(言葉のあやですよ。その方には大変お世話になりました)

気分は舞台袖です。

 

はぁぁぁぁっ。

振り向いて…、
よかった!!!
(2回目)

 

そして思う。

向こうも「ヨッシャ」と思ってるのでは? と。

これね。お客が振り向いてもお店の人が店内に戻っちゃっていないパターンと、お店の人が見届けても、お客が振り向かないパターンもあるんじゃないかと。

だとしても、どちらも非があるとは思いません。みなさんお忙しいでしょうし。

けれど、これはこれで、舞台を演じきったような達成感がありました。

大げさですけどね。

本心は「作法知らず?のイナカモンにならずによかったぁ」です。(イナカモンは事実だけども)

 

こういった事が日常的にある人には、ごくごく当たり前のことなのでしょう。

私にはあまりない機会なので、良い経験になりました。

「振り向かないでもいいかな」とも頭をよぎったんです。けれど、振り向いて誰もいなかったところで、まっているのは「肩透かし感」だけです。ならば、頭に浮かんだことは実行してみるものですね。

これも「余韻」の効果なのか。3度の振りかえりで思い出が少し深まった気がします。でもまぁ、たまにでいいかなって気もします。常にこれだと疲れちゃうよー。

スポンサーリンク