またしても行動に移せなかった…。そんなときは

今日こそは

今日こそは
今日こそは
今日こそは

洋服にアイロンをかけて、バッグも用意。

あとは出かけるだけ。

 

なのに、出かけませんでした。もとい、出かけられませんでした。

という日があります。

 

雨が降ったから
天気が良すぎるから
ちょっと体調が悪い気がする
お金もかかるし時間もかかる

 

行けない理由、行かない言い訳は山のように出てきます。

今日「その」用事をしなかったからといって地球が滅びるわけでも自分の人生が終わるわけでもなく。

それでも、実行できなかった自分にダメ出しをしてしまうので、日々の「やろう→やれなかった」の反復思考は非生産的このうえない。

以前も似たようなことをブログに書きましたが、それだけ日常的にある出来事なんですヨ。

そんなときは

〇〇するぞ! △△やるぞ!

を実行できないとき。

まぁ、そんなのしょっちゅうあるわけですが、そのまま何もしないのもなんなので、

こうしてブログを書くとか
ネット配信のドラマや映画を観るとか
積ん読の本を消化するとか
気になっていた箇所の掃除をするとか

なにかひとつでも出来たら、「今日という日がすべて無駄には終わらなかった」と少しだけ思える、ような。

 

と、ここで締めくくってもよいのですが、このテーマをもう少し掘り下げてみようかと。

スポンサーリンク

そもそも、なぜにこんなに腰が重いのか

あなたはフットワークが軽いですか?

私は先に述べたとおり、ひじょうに重いです。

フットワークの軽い人、もしくは行動力のある人が「あれやろう。ここに行きたい」と思いたってから実行までの距離が1センチだとすると、自分はその距離が10メートルある感じ。

ひょっとして

「腰が重い状態」こそが自分にとって心地が良い状態なのかもしれないと疑いを抱くように。

予定を立てる → やらなきゃ&行かなきゃ → 実行できず → もやもや

までの一連の流れがもはや様式美となってる??

予定を立てたことで無駄に悩むのなら、そもそも予定を立てないようにしたらいいのか。でもそれってツマラナないですよね。

ポジティブでアクティブなのが良いことなのか

ついにはここまで疑問を持つように。

人生を送るうえで「ポジティブ」と「アクティブ」はあったほうが良いと思っていますし、そんな人物でありたい。

だが、しかし。「いまここ状態」です。

 

今日も三連休の最終日で道路が30キロ以上渋滞しているとか。みんなお出かけするんだなぁ。

「頑張って」「気合を入れて」出かけているのか、それとも純粋に即行動できる族なのか?

アクティブなひとの頭の中ってどうなっているのだろう。

自分以外が全員行動的に見える。

そんな連休最終日でした。

 

このまま終わると暗い感じになってしまうので、

来年の今頃はアクティブ人間になっています!

なんの根拠もないですけど、1年後も変化がないのは嫌だと思ったので宣言してみました。

「毎日を人生最後の日であるかのように生きる」とはいきませんが、1年スパンなら変えられる気がしないでもない。って今までずっと変えられなかったわけですが、ま、いっか。

それではー。

スポンサーリンク