ブログに好きなことが書けるって本当?

現実はブログに書けないことの方が多い

タイトルの「好きなこと」というのは「好ましく思っていること」「おススメしたいこと」ではなく、「好き勝手に書きたいことを書ける」という意味合いです。

結論を言うと、

 

書けないことの方が多い、です。

 

これは当然と言えば当然で。

日常の生活において、相手によって会話の話題が違うように、ことブログにおいても発信できる内容は限られてきます。

まして一度ネットに出したものは、未来永劫完璧には回収できません。

なので、慎重にならざるを得ない。

 

しかし、ですね。

慎重になり過ぎると見事になーんにも書けなくなります。

これを書いたら誰かを傷つけてしまうのではないか?

炎上したらイヤだ。訴訟騒ぎになったらもっとイヤだ。

とビクついていると八方美人の記事になってしまいます。

Aかもしれません。けれどBの気持ちも、はたまたCの考えもわかります。的な。

スポンサーリンク

書いては消しの繰り返し

ブログは「ブログ=書き手」という直結してしまうメリットとデメリットがあります。

匿名を必要とせず、セルフブランディングの一環としてブログを活用している人にとってはメリットだと思います。

また、テキストブログで「世の中を斬る!」といったスタイルに特化したブログならば、少し尖ったことを書いても違和感は少ないでしょう。

 

いっぽう、当ブログのような雑記ブログだと、あの記事ではほんわかスタイルなのに、こっちの記事ではゴチャゴチャ言ってるといった事が起きてしまいます。

整合性を問うほど熱心に全ての記事を読まれている方は少ないと思うので、このこだわりは書き手である自分が感じているだけなのかもしれません。

 

いずれにしろ、大手ショッピングサイトのレビューや掲示板に書き込むのと違い、ブログを背負ってなにかを批評をするというのは少なからずプレッシャーがあります。

商品なら作り手、映像ならば演者及び製作者、本ならば書き手。すべての背景には「人」がいて。

激しい表現は控えようと意識し、出来るだけマイルドにした結果、無味乾燥な文になってしまい言いたいことの半分も書けないこともしばしば。

 

これってブロガーあるあるなのではないでしょうか?

ホントはもっとズバっと書きたい。けれど書いたら、書いたことに対して自分が落ち着かなくなる。

ブログは何度でも手を加えられるとはいえ、途中で手直しをするとヒヨったと思われるのでは? なんて余計なことまで考えてしまったり。(でも、気になり続けるのならば、心の平穏に良くないので記事を書き直してしまったほうが良いと思います)

自分だけではなかった

ある方のブログで体験したことですが、記事公開直後に読んだ最新記事には「おお! よくぞそのことについて言及してくれた。何気に気になっていたんだよね。誰も書かないけど」といった内容が書かれていました。

大いに納得のいくものだったので、もう一度読みたいと再度訪れると「よくぞ言ってくれた!」と思った文章のところだけがカットされていました。

おそらく、載せてはみたものの、思うところがあり消してしまったのだと思います。

あのまま載せていれば私のほかにも賛同者がいたと思うのですが、消してしまった気持ちも理解できるんです。

気になりだしたらキリがない

映画、小説、商品等、公に公開されたものは評価されることからは逃れられない運命だと思っている部分もあります。

で、この理屈だと当ブログも「批評される側に」当てはまるのです(^_^;)

となるとなるべく摩擦を生まない記事だけにしたほうが良いのではないかとも思えてきたり。

実際「思ったこと系」の記事はブログ開設時は控えていこうと思っていましたし、今回のような内容を書くのも想定外でした。

「ブログとは生き物だ」

どなたの発言か忘れてしまいましたが、実際に運営してみるとブログとは刻々と変化していくのものだと実感します。

スポンサーリンク

リアルな生活での弊害

ブログを開始して、一番の難点がこれ。

 

ある出来事について、

◆ブログに書いてしまったから実生活では話題に出すのはやめよう。

◆実生活で周りの人間に話してしまったから、ブログに書くのはやめよう。

 

と、非常にチグハグなことが起き始め、自分が設けた勝手な制約に振り回されつつあります。

大した内容を書いてない、交友範囲が広くない自分ですらこれだけ考えてしまうので、その辺の割り切りや覚悟が必要なのかもしれません。心配するほど多くの人に読まれているブログではありませんが

でも、おそらくたぶんブログは続ける

つまるとこ、発信しないことが一番安全であり、安心を得られるのかもしれません。

けれど、やっぱり思うのが、この時代に生まれ、このようなツールがある。

興味があるのならば動いてみるべきで、なんにもしないのは勿体ないかなって。

と延々グダグダと書き連ねながらも、今のところの結論はこんな感じです。

 

悩むまでもない小さな存在のブログなんですけどね。

そして、この記事すら公開するかギリギリまで迷うわけです。

これまた、どなたかのブログで「書いた記事は寝かせるな。すぐに投稿しろ」と書かれていたので、それに背中を押されことにして「公開」します。ポチっとな。

スポンサーリンク