なんで確定申告ってあんなにわかりづらくて面倒なの?

もっと簡単にならないものか

今年もこの時期がやってまいりました。確定申告でございます。

何がイヤって、わかりづらくて、わかりにくくて、理解しづらいんです。

はじめての確定申告は本当に苦労しました。

わからない箇所をネットで調べ、クリアしたと思ったら、またつまずく。そんな繰り返しで、もはや「大変だった」という記憶しかなく、「こんなものをみな問題なくできるものだろうか? 」と疑問と怒りがフツフツと湧きましたよ、当時。

スポンサーリンク

例えば寄附金控除

ひとつ例をあげましょう。

寄附金控除を受けようと思うと最初に待ち構える壁。

この一覧の中から該当するものを選ぶのですが、まずどれに該当するのかがスグにわからない。

・国に対する寄附金
・ふるさと納税(都道府県・市区町村に対する寄附金)
・社会福祉法人に対する寄附金
・一定の特定公益信託の信託財産とするために支出した金銭
・特定の政治献金
・公益社団法人及び公益財団法人に対する寄附金
・認定NPO法人等に対して、その法人に係る認定又は特定認定(仮認定)の有効期間内に支出した寄附金
・特定新規中小会社が発行した株式の取得に要した金額 など

えーっと、赤十字は? ユニセフは? と迷うのです。

各HPで確認したり、領収書の裏面を見たりすればわかるけれど、メジャーな寄附金先は「〇〇など」と記載してくれてもよいのではなかろうか? 平等性に欠けるからといった問題が生じるのか?

ユニセフにおいては「個人住民税の寄附金税制について」すべての自治体が対象になるわけではなく、おのおのの条例によって軽減措置を受けられたり、対象外だったりもする。

そして寄附金には「所得控除」と「税額控除」とふたつのパターンがあり、どちらを選ぶかによって還付金の額が変わります。

システムに入力をすれば、有利になる方を自動的に選んでくれるとのことですが、この情報だって確定申告等作成コーナーの「よくある質問」で寄附金控除と入力して出てきた回答です。そういったことは、寄附金を入力するときに大きな文字で書いてあれば、わかりやすいのになぁ。

と、寄附金ひとつとっても、ドラクエでいう毒の沼を歩いているかのようにジワジワとHPを消耗していくのですよ。

どっちなのだろう?

PCの確定申告コーナーを使うことで、便利になったとは思います。けれど、迷いなくサクサクと進めていけるわけではなく。「こ、これであってるのか? いいのか? いいんだな? 」とフワフワ、ジリジリ、イライラしながらの作業になります。

なんでしょう。

政府が国民を買いかぶっているのか、私が国民を見くびっているのか、どっちなのだ!?

これって誰にでもできることなのだろうか?

そりゃ、じっくり腰を据えて、手引きを読み解き地道に数字をおっていけば、「なるほど、こことここが繋がるのだな」とパズルに似た楽しさがないこともない。

日ごろから事務仕事に馴れ親しんでいるとか、手引きを読むことに抵抗感がないとか、私のように時間がたっぷりあるとかでないと、

ちゃんと申告しろよな! それもミスなくだぞ! 約束だぜ!

なんてちょっと厳しいのではないかと思いますよ。

わざとか? わざとなのか? わざとに違いない!

ドコかのダレかの食い扶持を確保させるために、これだけ面妖な仕組みになっているのだ。と、いぶかしんでみたりして。

それにしても、申告書の書式や、計算のもととなる数値はそもそもどうやって決めたのだろう。よくこんなの作ったよなという、賞賛とも脱力感ともつかぬ感情をいだきます。

スポンサーリンク

それでも、ちょっとづつ改善はされている

PCを使って入力していると、「ここは便利になったな」と、少しづつマイナーチェンジしてあって改善も感じとれます。

ネットに接してない世代は、手引き(冊子)に「HP参照」と書かれていても自分で確認するのは厳しいと思いますが、そういった方は役場や相談所に出向いてマンツーマンで申告の指導を受け提出しているのかな。

国民皆確定申告にしたほうがよい

年末調整を会社で行っているひとは、原則、確定申告が不要です。(*年末調整していても確定申告が必要な方もいます)

所得税、住民税、年金、健康保険など給与明細や源泉徴収票に記載されているので、その額は目にしていると思います。

しかし、自分自身ですべての計算をした方が「納税の実感」が持て、一層身近な問題として感じられると思うのです。(今でも充分「こんなにとられているのか! 」とは思っているとは思いますが)

税金は必要なものですから、そこに文句をいいたいわけでなく、納めるけれど本当に必要なことに使って欲しいといった認識が深まるのではないかなと。(まぁ、これもすでに充分思われてると思いますが)

あー、書類作らなきゃ

いちど理解してしまえば、その後は初回よりはスムーズに申告書を作れますが、「はじめて申告するひと」には壁が多いのではないかと思い書きました。

ドラクエ風画像をチマチマと作っていたら時間がどんどん経ってしまいました。ありゃりゃ。

現実逃避はこれぐらいにして、これから確定申告の書類に取りかかります。では!

スポンサーリンク