TAG ドリス・ヴァン・ノッテン、映画、ファッション、感想