【バターチキン】あの人気カレーをはじめて食べました【無印良品】

無印のカレーといえば

長いこと「無印のバターチキンカレーが美味しい」という情報を耳にしていましたが、なかなか買うまでにはいたりませんでした。

なぜなら、ちょっとお高いから。

スーパーだと、100円~400円の値段のレトルトカレーが並んでいます。

250円のカレーを買っても「奮発してしまった」と思うぐらいなので、無印の350円のカレーは私的には高めの部類に入ります。

スポンサーリンク

気になったのなら食べてみよう

ですが、毎回毎回、無印良品の店舗に行くたびに気になるわけですよ。

これがあのバターチキンか、と。

でもなぁ、350円かぁ。

横に「ハーフサイズ」を発見! けれど、この量では少なそう。

いいや、まずは通常サイズを一回買って食べてみよう♪

 

紹介するまでもありませんが

みなさんご存じのバターチキンカレーですが、私同様まだ食べたことがない方もいるかもしれませんので、軽くご説明を。

素材を生かしたカレー
バターチキン
BUTTER CHICKEN CURRY

180g(1人前)

エネルギー 251kcal

ギ―(バターオイル)をつかい、まろやかに仕上げました。カスリメティの香り、トマトの旨み、カシューナッツのコクが生きたおいしさです。

カスリメティとはスパイスの一種のこと。

 

「化学調味料・合成着色料・香料不使用」です

パウチのまま売っているので、ゴミが少ないのも助かります。

スーパーで売っているカレーはさらに紙の箱に入っているのがほとんどですので。

温めて盛り付けました

熱湯で6分ほど温め、ごはんとともにお皿に盛りつけます。

カレーの香りが食欲をそそります(´▽`)

サラダの入ったカップと牛乳の入ったグラスはIKEAで買ってきたものです。

【IKEA】食器を買う時は平積みされている段ボールを活用しよう

いただきます

ひとくち食べて ↓ ↓ ↓

 

あーあ。これは困った。美味しいや。

 

微妙に漂うあきらめ感は、今後これを買い求めてしまう「財布と相談」が増えたことに対するコメントです。

 

人気のある理由がよーくわかりました。

まろやかな中にほどよいトマトの酸味があり、ココナッツの甘みとルー全体の深いコク。

そしてゴロりと入っていた鶏肉3個。

この鶏肉。皮とか脂身がなかったのもポイントが高いです。一度しか食べてないので、そういった仕様なのか、偶然なのかはわかりませんが、鶏肉のグニっとした部分が苦手なので大変ありがたい。

スポンサーリンク

また買うか?

はい。買います。

下手に外食するぐらいだったら、このレトルトカレーの方が味もコスパも上なのではないでしょうか。

外食と比べると、350円でも安いですね。

ですが、×人数分となると手作りカレーにコスパの軍配が上がります。

無印は「3つで15%オフ」といったセールをやっていることがあるので、そういった時に買ってストックしておこうと思います。

賞味期限が長いのもレトルトの良さですね。

バターチキン以外のカレーもがぜん食べてみたくなりました。

無印で買う食品はお菓子系がほとんどでしたが、もっと範囲を広げてみようと思います!

【無印良品週間】すこしだけ【買いました】

スポンサーリンク