無印で失敗したか?と思ったけれど結果大丈夫だったもの

無印良品のミニラーメンを買いました

「ベビースターラーメンが食べたい」と普段あまり食べないのに、なぜか無印にいたときに思ったので、このミニラーメンでも代用できそうだとカゴに投入。

「そのままでおつまみとしてもおいしく食べられます」と書いてあるし、問題なかろうと。

頑張ってみたが・・・

さぁ、ミニラーメンをつまむぞぅ!

袋の上から力を入れ麺を細かくし、さぁさぁさぁと口に運ぶと…。

 

しょ、しょっぱい!!!

 

味付けが濃い。

濃すぎだ。

ほんとうにそのままでオッケーなのか?

でも、商品レビューではそのまま食べている人も多い。

商品開発の人だって食べたであろう。

しかし、自分にはこの味付けは大変厳しい。

とはいえ、せっかく買ったのだからと頑張って食すことに。

が、限界がおとずれ一袋完食できませんでした。

味が濃すぎるのはもちろん、食べている間塩分が気になって仕方ない。

そもそも頑張りが必要な食べ物ってどうなの? と。

これはどうにかせねば。

スポンサーリンク

残り3つもある・・・

残り3袋。

どうしたものか。

ラーメンにして食べました!

食べかけの1袋+残りの3袋をすべてラーメンとして一気に食べることにしました。

(そもそも湯を入れてラーメンとして食べる食べ方こそ、この商品の本来の姿?)

とにかく濃い味に抵抗感が出来てしまったので、なるべく味をまろやかにしようと炒り卵をトッピング。

冷蔵庫にあったさつま揚げと山菜の天ぷらも足しました。

絵的にいまいちですね。

糸唐辛子をのせれば多少は見栄えが良くなったかも。

こんなやつです↓

 

さてさて、気になるお味はいかがであろうか。

 

ズルズルズルっ

...あ!

これなら大丈夫だ。(よかった!)

 

今後、また食べる機会があったらその時は「そのままではなくラーメンにして」食べることにします。

そして、一気に複数個ではなく、ちょっと小腹がすいた時にでもマグカップに入れて1個ずつ消化していこうと思いました。

というわけで、無印良品のミニラーメンでした!

スポンサーリンク