もう以前のマウスには戻れません 秘密はブルーのボールにありました

マウスを動かすスペースがいらないマウスです

ロジクール社の「LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t」

ブルーのトラックボールがこのマウスの肝です。親指コントロール型と呼びます。

このマウスに右手を添えれば、もうマウス本体を机のうえで動かす必要はありません。

動かすのは乗せた手の指のみ。

親指はブルーのボールに。人差し指は左クリックと戻る&進むボタン。中指はスクロールホイール。薬指は右クリック。小指は添えるだけ。

 

スポンサーリンク

もどかしいのは最初のみ

しばらくは「うー。ムズムズする」と違和感があります。

でも2、3日すればすっかり慣れ、もう親指だけでスイスイスイスイーっと縦横無尽にモニタ上を駆けめぐれます。

2014年10月に購入してから、ずっと使っています。

寒いときは布団のなかに

冬になると室内でも手の甲が寒くなりますよね。そんなときはひざ掛けとか布団の中にマウスごと手をいれます。ワイヤレスはコードがないので便利です。

マウスの裏にONーOFFボタンがあるので、使わないときはOFFにすれば節約に。とはいえ「単3電池1本で最長18か月」と説明書にあるとおり、3年近く使って電池を変えたのは1度だけ。なので節約は気にせず基本スイッチはONのままです。

マウスの動きが悪くなったら

トラックボールを外します。マウスの裏の穴に指をいれると、ポンっとはずれます。

内側の3か所(赤い丸)にホコリがたまるので、指の腹で簡単にサッととり、ほかにも小さなゴミがあったら取り除きます。

表からボールを押し込むと(力はまったくいりません)、あらびっくり。スムーズな動きがよみがえります!

マウスパッドもいりませんよ

ミニマリスト&シンプリストのかた。所持品がひとつ減らせますよ。あ、でもタッチパッドの人がおおいのかな。私はタッチパッドに慣れなくてマウス派です。

あれに似てる

たまにマウスを落としてしまい、その時にボールがはずれてコロコロコローっとどこかにいってしまうことも。絶対に見つかりますけども。このブルーのボールをみていると思い出すことが…。

小さいころ、竜のひげの実を鼻にいれ、取れなくなったんですよね。なぜ鼻の穴にいれたのかは謎ですが、あと先考えないのが子供なのでしょう。病院に行った記憶はないので、きっとワハハ本舗のウメちゃんみたいに出したんだろうな。

どうですか?似てません? ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク