【料理】調味料の計量がすこぶる面倒なんだけど良い方法はないものか

もっと快適にできないものか

味付けは目分量で問題なし! といえるほどマスターしている料理もなく、ごはんづくりにレシピは欠かせません。

となると、必ず必要となるのが大さじ小さじなどの軽量スプーン。

で、この調味料の計量に毎回毎回思うのが、

面倒だからもっと良い方法ってないものか?

ということ。

スポンサーリンク

保管場所がバラバラ

面倒な理由のひとつは保存場所が数か所あること。

・作業スペースに置いてある常温保存の砂糖・塩・小麦粉・片栗粉。

・冷暗所に保存している油・酢。

・冷蔵庫に保存している醤油・みりん・酒・みそ・オイスターソース。

・引き出しに入っている雑多な調味料。

と、こんな感じになっています。

最適なタイミングで味付けするには

レシピを見ながら作っていると順序通りに作業をするため、ここでこの調味料か「バタバタ」、次はあの調味料か「ガチャガチャ」と調味料を取るため移動したりしゃがんだりスプーンを取ったりとせわしないことこの上ない。

やっぱあれですかね。テレビの料理番組のように事前に調味料を量り小皿に入れておくのがベストなんでしょうか。

食材もすべてカットしておいてからの調理スタートだと、タイミングを逃すことなく作れそうですよね。

でもそのスタイルにしたところで計量しなくてはいけないことに変わりはなく。(どんだけ嫌なんだって話ですが)

道具に頼ってみるとか?

こういった容器を使えば手間が省けるのかもしれませんが、液体調味料の入れ替えってちょっと抵抗があります。

衛生面を保てる几帳面な人向けなのかなと。

目分量で作れれば解決なのか

たいていのものはレシピ通りに作れば美味しい味付けになります。

なかには自分の好みと合わないレシピもありますが、一度レシピ通りに作ってみないことにはわかりません。

最終的にはパパっと目分量で入れた調味料でおいしい料理を作れるとよいのですが。

写真の料理は

陳建太郎さんレシピ「麻婆なす」

前に一度作って美味しかったので、今回も陳さんのレシピを参考に作りました。

ナスを油で揚げているので食感がとろりとやらわかくなります。

「にんにく+しょうが+豆板醤」の香りと甘辛い味付けにご飯がすすみます。

クラシル「ごま油とオクラとトマトのさっぱり和え」

オクラ、トマト、大葉と今が旬の食材のオンパレードです。

こちらは調味料が3つと少なく電子レンジで作れるレシピだったのでスムーズでした。

もうひとつおかずが欲しいなというときにおすすめですよ。

レシピ動画アプリ「クラシル」できゅうりの漬物を作りました

ひと手間かけると違うものだなぁ

ナスを一度油で揚げたりオクラを板ずりして産毛をとったりと、ひと手間加えるだけで食感が良くなります。

「しなくても胃に入ってしまえば一緒一緒」と思わなくもないのですが、ひとつ工程を増やすだけで生臭さを消すことができたりもするので、あなどれません。

スポンサーリンク

ちょっとしたアレンジはしてしまう

レシピに忠実に作ったほうが良いのはわかっているのですが、臨機応変さも大事ですよね。

麻婆なすには大量にあったエリンギを追加しましたし、オクラの方は早めに作って冷蔵庫で冷やしてから食べました。

もちろん味見をして足りないなとおもったら、その時は調味料を足して調整します。

まとめ

そんなに大騒ぎすることではないのかもしれませんが、美味しいものを提供したいという気持ちがあるからこその困りごと。

たかが計量されど計量。

なるべく簡単にしたい!

なにかよい方法を模索していきたいです。

スポンサーリンク