【カルディ】チヂミを作ってみましたよ【もっちもち】

カルディでチヂミ粉を買ってみました

買った事のない物を買ってみようシリーズ(そんなシリーズはないけど)

今回は「宋家秘伝 チヂミ粉」です。

KALDIで買ってきました。

「おうちで簡単手作り」って書いてあるし、専用の粉で作ればいつも以上に美味しいチヂミを食べられるのではないかと期待して。

【KALDI】レアチーズケーキはやっぱり美味しい【いちごミルク】

スポンサーリンク

具は冷蔵庫にあるもので

ニラ、ニンジン、ネギを3センチぐらいの細切りサイズに。

冷凍のシーフードミックスを袋から出して、流水で5分かけて解凍しました。

材料を混ぜます

チヂミ粉に水を入れ泡だて器で溶き、そこに具を入れ混ぜ、ラップをかけ冷蔵庫で数時間寝かせました。

寝かす時間があったほうが美味しくできる、とネットで情報を得たので試してみることに。

タレも食べる直前に作るのではなく、前もって作っておいた方が美味しくなるそうですよ。

焼いて完成、食べました

何べんもひっくり返し、その都度ギュツギュッとヘラで生地を押し、ほのかな焦げ目をつけ完成。

タレは「めんつゆ・ごま油・ゴマ・ニラのみじん切り」を適当に混ぜました。

イカとエビの入った「海鮮チヂミ」の完成です。

フライパンで丸く焼き、その後カットしたわけですが、すでにモッチモチ感がありました。(なので断面をキレイに切るのが少しだけ大変)

もちろん食べてもモッチモチ。

感想としては美味しかったです。

ただ、どうしても「タレの味」が勝ってしまうので、ふだんの小麦粉と片栗粉で作っているチヂミとの差をあまり感じなかったのが正直なところ。

ただ、こういった専用の粉は味が完成されていると思うので、「正しい味」としての安心感はあります。

スポンサーリンク

まとめと反省

韓国料理屋さんで目にした調理法では、「油に生地が浮くぐらい」ふんだんに油を使っていたので、そのぐらい思い切って油を使ったほうが本格的なチヂミが焼けるのかなと思いました。

 

それと、もう少し薄く焼いたほうがよかったのかも。

私の良くない癖として、2回に分けて焼けばよいところを、無理やり1回で焼いた結果生地が厚くなってしまい、中まで火が通りにくくなってしまったりするんですよね。

あとは「レシピの分量よりちょっと多いけど、材料を使い切りたいから入れてしまおう」といったこともあります。

料理に絶対の量なんてないとは思いますが(お菓子作りは除く)、きちんとレシピ通り作ったほうが失敗が少ないです。

と、わかってはいるけれど、なかなか守れないのはナゼなのか(^-^;

 

↓ チヂミ料理のレパートリーが増えそうです。

スポンサーリンク