欲しい時に買わないと買えなくなる物もある このゴミ箱もそうでした

「ギリシャ にある会社 mast ALMINIUM DUSTBIN」を使っています

アルミニウムで作られたmast社 made in Greece のダストボックスを10年ほど使っています。

他のインテリアを邪魔しないシンプルなデザインで、それでいて個性的かつ洗練されています。サイズは大小二種類あって、これは小になります。

アメリカのTVドラマ「CSI:科学捜査班」のラボでも使われているのを観ました。

スポンサーリンク

いつでも買えると思ってました

ほんとうは違うタイプが欲しかった

当時、ottoというカタログのインテリアのページに掲載されており「欲しいなぁ」と思いながらも購入を見送っていました。

事務用品の分厚いカタログや厨房用カタログにもゴミ箱の項目にこの製品が載っていたので「欲しい時にいつでも手に入る」と思い込んでいたのです。

写真のペダル式のほかに、蓋を押してゴミを入れるタイプもあり、本当はそちらが本命でした。

ところが「そのうち買おう、そのうち」と思っていたら、カタログから蓋を押すタイプが消え、ペダル式だけが掲載されるようになりました。

ペダル式も手に入らなくなる?

このままいくと、ペダル式も消えてしまう気がして、これは購入を急がねばとネットで商品を探しました。

「在庫あり」と表示を見つけ、やった! と購入ボタンを押すも、その後の購入確認メールには「調べた結果、在庫がありませんでした」との返信内容です。ここがダメなら次のお店だ!と5社ぐらいに注文をするも、全て同じ流れでした。

おそらく各販売会社が自社で在庫を抱えているのではなく、商品を一括して管理している共通の倉庫があるのでしょう。

それでも諦めきれず探し続け、なんとか一つ手に入れることができました。

欲しい時が買い時

その後、このペダル式のも日本の市場から消えてしまったので、現在日本で新品を売っているところはないと思われます。

このゴミ箱に限らず、外資の化粧品やブランドなども日本から突如撤退することがあるので、本当に欲しいものがあるときは迷ってないで購入したほうが良いです。

では、ダストボックスを紹介しましょう

アルミで作られているので軽いです。

ペダルを踏むと蓋が開きます。

 

ひっくり返しました。Uの形をしたペダルのカーブが美しいです。

 

プラスチックの留め具を開き、ビニール袋を4か所に留めます。

 

ダイソーで売っているLLサイズの買い物袋が丁度よいサイズです。買い物に行ったときに間違えて買わないように撮った写真なので、中身が空です。

 

ビニール袋が表に出ないのがポイント。袋の下には、替えのビニール袋を入れてあります。

まとめ

ふつうに購入できたときに、もっと買っておけばよかったです。

mast社は水切りバスケットも売っていて、それもステキなデザインだったんですよね。

気に入るものって中々ないので惜しいことをしました。

購入できたこのゴミ箱は、今後も大事に使っていきます。

スポンサーリンク