ドアノブがスカスカに ラッチを買って自分で交換してみよう

突然ドアが効かなくなってしまいました

ドアを閉めてもカチリといわず、ドアの金具が動かなくなってしまいました。

これは内部がおかしくなっているんだろうと、ドライバーを使ってドアノブをはずしてみました。

ドアノブを単体で持つと、結構重たいですね。

はずす前にスマホで写真を撮っておくと、付け直すときに安心ですよ。どっちがどっちだったけ? と、記憶力って案外あてになりませんから。

ドアノブを外した状態です。

交換が終わるまではこの穴に指を入れて開閉しました。少しの間なので問題なし!

スポンサーリンク

取り出してみると

金具が折れていました。ここまでバラバラだとボンドで修復するのは無理ですね。

ちなみにこの金具は「ラッチ」と呼ぶそうです。

壊れたラッチをもって行こう

ネットで探してみましたが、刻印されている「TW-X-51」と検索しても確信が持てるパーツに行き当たらず、送料もかかってしまうかもしれなかったので、実物を見て買おうとホームセンターに行くことにしました。

壊れたラッチをビニール袋に入れ、お店に向かいましたが1店目ではみつからず。メジャーなドアだからどこにでも部品があると思っていたので、なかったのがちょっと意外でした。

2店舗目に「これでいいのかな」と思った商品があったので、店員さんに聞いてみることに。その際、壊れたラッチを見てもらったのでスムーズでした。間違って購入すると面倒ですからね。

念のためドアノブも持っていきましたが、これは必要なかったです。重たかった…。

新しいラッチです

「NAGASAWA TX-51 鍵付」です。

表面がツヤツヤしてないせいか、新品なのに新しい感じがしませんね。

ホームセンターで買ったものには、フロントプレートが付いてなかったので、もとからあったものを使いました。(一番手間に写っているのがプレートです)

商品によっては「角フロント」「Rフロント」とプレートを選べるものもあり、プレートの有無で価格も違ってくるので、購入の前には確認してくださいね。

付け替え完了です

作業中は集中してしまうので、写真を撮り損ねてしまいます…。ので、作業後の写真です。見た目の変化はゼロです。

詳しい交換の仕方は、DAIKENパーツショップ ラッチらくらく取換え方法に載っていますのでこちらをどうぞ。

自分でやればパーツ代だけで済むので、経済的ですよー。

スポンサーリンク