「あの」サイトで高評価のカレーを実際に作ってみました

あるサイトの企画でみたカレーを作ってみることにしました

あるサイトとは・・・。

そうです。オモコロです。

オモコロとは ↓

暇つぶしにピッタリの漫画や記事を毎日のように配信しています。

いくら読んでも無料、そしていくら読んでも頭がよくなりません。

といったサイトです。

いろんな記事が量産されているわけですが、そんななか気になる記事ありまして。

 

それがコチラ↓

【母親対決】家庭の味をぶつけ合え!「おふくろの味」選手権!

※この企画は「みんなのごはん(ぐるなび)」のサイトに掲載されています。2016年の記事です。

オモコロを運営している株式会社「バーグハンバーグバーグ」の社員さん6名による「おふくろの味」を競うといった企画。

みごと優勝に輝いたのが、みくのしんさんのおふくろの味「辛いカレー」。

満場一致の絶賛っぷりに、それならばと掲載されているレシピを元に一度作ってみることにしました。

スポンサーリンク

では調理開始

みじん切りにしたニンニクとしょうがをオリーブオイルで炒めます。

玉ねぎも入れ、さらに炒めます。

 

ココナッツミルク、トマト缶、ブイヨン500㏄を

 

どばどばっと鍋に。

 

続いてチリーペッパー(カイエンペッパー)、パプリカパウダー、ターメリック(うこん)を入れます。

香辛料を入れるとグッと本格的な雰囲気が出てきますね。

 

沸騰したら、弱火で10分ほど煮込みます。

 

厚揚げ・えび・いかを投入。

材料に火が通るまで煮込みます。

最後に塩・コショウで味を調え完成です!

 

ちなみにこのイカは冷凍ものを1杯買ってきたわけですが↓

冷凍イカを見るたびにですね、あのドラマを思い出すんですよ・・・。

刑事ドラマの「相棒」を。

結構前のエピソードですが、ある事件の凶器が冷凍イカだったんですよね。

なかなかのインパクトに何年たっても忘れられず。

おそらくこの先一生冷凍イカをみるたびに相棒を思い出すと思われます。

イカが凶器(思いっきりネタバレしちゃってますね)の「殺人晩餐会」が収録されているDVDはこちら↓

ではいただきます

ココナッツのまろやかな味わいがほのかな甘さを、香辛料がカレーらしさを引き立てます。

魚介そのものはもちろん、厚揚げが合いますね~。

ルーの部分はシャバシャバでとろみは全くありません。

福神漬けはなくても大丈夫でした。

たまにはこういったカレーもありですね(´▽`*)

サラダは料理動画サイト「クラシル」を参考に

「トマトとモッツアレラのルッコラサラダ」のレシピをみてつくりました。

ルッコラはベビーリーフで代用。

モッツアレラチーズにかかっている黒い液体はドレッシングに使用したバルサミコ酢の色です。

そういえば、このチーズの隣の陳列棚が品切れでガラガラでした。棚の札みると「花畑牧場」の文字が。人気があるんですね~。

レシピ動画アプリ「クラシル」できゅうりの漬物を作りました

スポンサーリンク

反省点いろいろ

これが大事だった

さて、今回のカレーですが、ひとくち食べた段階では

あ、あれ?

といった味でした。

なぜだ? あれだけ絶賛されてたレシピなのに、なにかが、どこかが違ってる・・・。

 

! 原因がわかりました。

これが不足してました ↓ ↓ ↓

最後の塩こしょうをおそるおそる入れてたので、ちゃんとした味が付けられていませんでした。

味見は何度もしたのですが、

「正解の味を知らない」

ので、レシピだけで再現するのって難しいですね。

 

いやー、味が調ってよかったですε-(´∀`*)

よそ様の「おふくろの味」がイマイチなんて結果になったら記事にできませんよー。

食材を集めるのに結構材料費かかったのに…。とか頭をよぎっちゃって。

 

もしオモコロサイトをみて自分もチャレンジしてみようという方がいたら、

塩コショウ大事ですよ! ともう一度念押ししておきます。

ところで写真にフリーハンドで「大事」と書きましたが、ヘニョヘニョな文字の方が伝わってきたりしませんか?(既存のフォントはキレイだけれど伝達度はフリーハンドに劣る気がします)

他の反省点

・玉ねぎの炒め方が足りなかったかも。もっときちんと炒めれば玉ねぎの甘味が出たと思います。

・厚揚げは形が崩れやすいので、鍋に投入したらその後木べらでかき回すときは注意を。

・香辛料をもっと入れてもよかったかも。

・あ! えびイカを投入するときに、それらに塩コショウするのを忘れてました。

まとめ

料理はなかなか初回でドンピシャには作れませんね。

何度も作っていくことで、ブラッシュアップされていくものなのでしょう。

カレーを食べ過ぎて少々お腹が苦しいです。

それではまた!

スポンサーリンク