【トイレ】キャンドゥのプレーンボックス【小物収納】

トイレの小物収納をかえたい

トイレの小物収納のために、プレーンボックスを購入しました。

100円ショップのプレーンボックスはダイソーやセリアでも展開していますが、そろえてあるカラーはそれぞれで、デザインも微妙に違います。

ネットで調べたところ、若草色(スモーキーグリーン?)のプレーンボックスがキャンドゥにある模様。

その色ならペンキを塗ったドアの色と合いそうだと思ったので店舗に向かいました。

しかし肝心の、若草色が見当たらず…。PCのモニタ画面の色味で若草色に見えただけだったのかなぁ。

まぁ、置いてないものは仕方ない。棚にある「黒・白・ライトグレー」の中から決めることに。

脳内でそれらの色のボックスをトイレに置いたところをイメージしたら、どれも「有り」かなと。

・白は清潔感があってよい。けれど無難過ぎる。
・黒は空間が引き締まってよい。けれど、重いかも。
・残るはライトグレー。うん、落ち着いた感じで良さそうだ。

というわけでライトグレーに決定しました。

スポンサーリンク

キャンドゥのプレーンボックス Mセット

大きすぎず小さすぎず、サイズが丁度よい感じです。

このシリーズは人気があるのか、品薄でした。

 

Mセットは本体とフタはセットです。

原料樹脂:ポリプロピレン

耐熱温度:120℃ 耐冷温度:-20℃

製品サイズ 約275×190×120mm(外付)

山田化学株式会社 MADE IN JAPAN

これまでは

これまでは、布製の収納を使っていました。

ORBIS(オルビス)という化粧品やサプリメントを販売している会社の商品を通販で購入したときにオマケ(特典?)としてついてきたものです。結構年数が経ってます。

オルビスは「〇千円以上購入の方に特典」といったキャンペーンがときどきあります。

ミニマリストにハマっていたときは、「特典がもらえる条件には達している。けれど、余計なものは何一つ部屋にいれたくないのだ! 」と思っていました。

ミニマリスト熱が落ち着いた今は「もらえるのならもらっておこうかな。オルビスの特典はなかなか良いし」ってな感じです。

前置きが長くなりましたが、そんなわけでトイレで使っていた布製のバッグ。長いことお疲れ様でした。

スポンサーリンク

before after

では、ビフォーアフターの写真です。

ビフォー

 

アフター

布製の甘い雰囲気と違って、すこしですがカチっとしたスマートな印象になりました。

布は匂いとか吸収しそうな印象だったので、こういったポリプロピレンの素材のほうがトイレに最適かも。お手入れもしやすそう。

持ち手の空いている箇所がちょっとだけ気になります。縦長ではなく横長に置けばいいのかな。

このプレーンボックス、いろんな用途に使えそうなので、またお店に行く機会があったらチェックしたいと思います。

【トイレのドア】ペンキを塗って色を変えよう【下準備編】

【トイレのドア】ペンキを塗って色を変えよう【実践編】

スポンサーリンク