【混ぜて待つだけ】バナナ酢を作りました【簡単】

酢の賞味期限が迫っていたので

お酢を大量に使用するフルーツビネガーを作ってみることにしました。

ネットで作り方を調べた結果、今回使うフルーツはバナナに決定。

色どり豊かに3種類ぐらい一気に作ってみたかったのですが、なにぶんはじめて作るものなので、とりあえず一度作って様子をみることにしました。

スポンサーリンク

材料はこちら

バナナ・・・1本
リンゴ酢・・・200㏄
黒糖・・・100g

バナナを輪切りにして、酢と黒糖を混ぜるだけ。

バナナと黒糖をドサドサっとビンに投入。

 

お酢を入れました。

レンジで温めれば、すぐに飲める状態になるとのレシピもありましたが、レンジにかけることで栄養素が壊れてしまうという意見もあったので、そのまま1週間漬けることにしました。

常温か冷蔵庫か迷いましたが、冷蔵庫に入れました。

一週間後

やっと一週間が経ちました。バナナのエキスは出たかな。

もっと小ぶりな容器が欲しいけれど、物が増えるのも抵抗があるんですよね。

では、いただきます

バナナ酢おおさじ1に砂糖を足して、炭酸割り。

ほのかなバナナの香りがあり、スッキリとして飲みやすいです。

お湯割りや水割りで飲む場合も、砂糖かハチミツを足した方が良さそうです。

スポンサーリンク

漬け込んだ果肉は…

そのまま入れておくと痛んでしまうので、このタイミングで取り出しました。

食べられないこともない、らしい。

ので、ヨーグルトに混ぜていただくことに。

プレーンヨーグルトなので、上からハチミツをかけ甘さを加えました。

 

見た目は美味しそうです。

いざ、実食。

 

…ん?

んんん?

「…酸っぱい(+_+)」

 

ええと、バナナがですね。思いっきり酢の味がします。

一週間、酢に漬け込んだので当たり前と言えば当たり前なのですが。

それと、熟成したバナナの食感がグジュっとするので、これまた微妙。

(2つほど食べてギブアップ。バナナを避けてヨーグルトだけ食べました)

結論:この食べ方はあまりオススメできません。

まとめ

サラダのドレッシングとして使ったり、牛乳で割ったり、水で割ってスポーツドリンクにしたりといろいろと使い道がありそうです。

美容と健康に良いとの情報もあるので習慣にできるといいなと思いましたが、胃の負担にならないよう摂りすぎには注意したいです。

身体に良かれと思って作ったのに、胃が荒れちゃったら本末転倒ですからね。

気になった点といえば、今回リンゴ酢を使ったわけですが、そもそもこれ自体が「フルーツビネガー」なのでは?

あれれ?

考えだすと面倒なので、考えるのはやめました。

今度は違う果物でフルーツビネガーを作ってみたいと思います。

 

炭酸割りに使ったのはIKEAのコップです↓

【IKEA】食器を買う時は平積みされている段ボールを活用しよう

スポンサーリンク